株式会社山口シネマ
■2.4GHz HDデジタル無線伝送装置
2006年6月に総務省の技術基準適合証明を取得したHD無線伝送装置は、2.4GHzの周波数帯を利用しているので、免許不要で誰にでも取り扱いが可能なのが魅力です。OFDM変調方式だからマルチパスにも強く、陸上競技、モータースポーツなど、各種屋外イベントでも採用されました。HDエンコーダを内蔵しているので、ハイビジョンにも対応しております。小型化・軽量化にも成功し、低消費電力での稼働を実現しておりますので、長時間にわたる撮影にも実用的な伝送装置です。

■競技場初デジタルハイビジョン放送開始
2006年10月より東京競馬場において競技場初となるデジタルハイビジョン放送が開始されました。有線テレビ放送に最も適したトランスモジュレーション方式によりITV室から競馬場内に設置された受像機に送出され、高精細で迫力のある映像をファンの皆様に提供しています。またこのハイビジョン映像ソースはターフビジョンにも提供され、その大型マルチ画面にハイビジョンの魅力を余すところなく表現しています。

■先進の競技用システム技術開発
各種競技場で様々な業務を行うオペレーター。緊迫したレース中にしか得ることの出来ない様々な事象や体験、彼らはこれを見逃さず開発の芽へと育てます。技術開発、それは長い年月の日々の貴重な経験から生み出されるものなのです。競技の現場で何が求められ、それにどう答えていくのか、技術開発チームは常に現場と連携し、チャレンジし革新を求め続けます。

■映像セキュリティシステム
場内における不正行為の防止のために、そしてトラブルを未然に防ぐ安全対策のために、場内監視カメラと運用システムを提供しています。また、場内の混雑状況や、周辺道路状況もチェックすることが可能です。ファンが場内に入り、帰途につくまでを見守る、安心システムとも言えます。数百台に及ぶカメラを一括管理でき、より合理的で、しかも効果的なセキュリティを構築しています。各所ごとに最適なカメラを選定することもできるのは、山口シネマならではのサービスです。
サイトマップ お問い合わせ