株式会社山口シネマ


■競技判定システム
ゴール板を通過した馬のみを映し出す競技判定システムは、レースの着順を正確にかつ瞬時に判定するために、3台のカメラによって、最適な角度での撮影を確実に行っています。撮影には先進の超高感度CCDラインセンサを搭載したカメラを採用。低照度時でも高速走査による撮影が可能で、ハレーションなどの反射光によるスミア発生が有りません。撮影直後に映像を提供する、次世代のデジタル写真判定システムです。

■レースビデオパトロールシステム
1000分の1秒を争うレース中には、走路妨害や違反行為が起こることがあり、それを監視しているのがレースビデオパトロールです。馬群を追いつつ全頭をカメラに収め、判定員と同様の視点によって、レースの公正さを保ちます。スイッチャーとカメラマンとの綿密な情報交換により、レースの展開を見ながら、漏れの無いようにレース全体をカバーすることが重要となります。また判定が必要になりそうな映像をあらかじめピックアップすることで、より短時間での審議をサポートしています。

■カラーデジタルビュアー・ボートレースシステム
他の競技とは異なった判定方法を採用するボートレース。決勝ゴールの着順撮影はもちろんの事、ボート6艇のスタート撮影がフライング・出遅れ判定をする上で重要な要素になります。カラーデジタルビュアー・ボートレースシステムは、1つのレース中にスタートとゴールを確実に撮影し、直後に審判員が求める映像を選択し提供する事ができるボートレースに特化したシステムです。顧客のニーズに合わせた「最適なシステム」をコンセプトに掲げ開発に取り組み、ボートレースをはじめ各競技場へとそのシェアを広げています。

■ファロンタイム計測システム
スタート地点、残り4ファロン、残り3ファロン地点に設けられた投光器・受光器による自動計測が公式タイムとして記録されるシステムを提供しています。その設備や計測時における設定等の管理・運営では、鳥による誤動作を避けるなど、高度な判断力が伴います。また、着順表示板への表示というファンサービスの観点からも重要なシステムですが、着差を求めるためにゴールタイムが必要なためレースの公式記録として大きな責任を伴っています。
サイトマップ お問い合わせ