エントリー
bg

トップ 〉 Recruit | キャリアステップ

キャリアステップ

エントリー
case01
case01

1年目

馬への愛が背中を押した

昔から馬術競技に打ち込んできたほど、馬が好き。ですから、馬と関わりたい一心で入社を決めました。映像はまったくの未経験。 不安もありましたが、3カ月の研修を通してゆっくり馴染んでいくことができました。研修後はレースの裁決委員が見るパトロールビデオの撮影を担当。 初めてのカメラ経験では、足を組み替えるだけでも映像が揺れてしまうなど大苦戦! でも先輩の真似しながら諦めずにチャレンジするうちに、自然と上達していきました。

2年目

チームワークで業務に臨む

カメラ撮影にも慣れ、2年目からは中継車でのスイッチャーの仕事も担当するようになりました。 カメラマンの時は、ひとりで仕事をすることが多いのですが、中継車ではチームワークがとても大切です。 最初のころは、映像切り替えボタンを押し間違えるなど、失敗をすることも。先輩方が迅速にフォローしてくれて、非常に頼もしく思いました。 仕事を任せてくれながらも、しっかりサポートしてくれることに感謝しています。

3年目

自分の判断で動けるようになった

自分のやり方を見つけ、少しずつ効率よく仕事ができるようになりました。カメラのスイッチングや映像加工は、 どのシーンが最適かを考えながら、瞬時に判断しなければなりません。2年目までは言われたことをやるだけで精いっぱいでしたが、いまでは自分で判断しながら動いています。 トラブルがあっても周りが見渡せるようになり、冷静に対処できるようになったのも成長だと思います。

今後挑戦したいことや目標は?

中継車の仕事には、私がやっている映像の切り替えのほか、収録やソフトを使った編集、リモートカメラの遠隔操作などさまざまな業務があります。 今後は、そのすべてのポジションを一通り経験しながら、どの業務にも精通できるようになるのが目標です。 そして、お世話になった先輩方のように、私も後輩たちを助けられるようになりたいですね。
case02
case02

1年目

映像の魅力に惹かれ入社を決める

学生時代、当社の定期社員として金沢競馬場で撮影業務を経験。そのとき映像の魅力に強く惹かれ、そのまま正社員へ。 多少ともカメラを振った経験があったので、入社後もスムーズに仕事に入っていけました。小型自動車業務課に配属され、カメラ、スイッチャー、編集を経験。 ただ対象物が馬からバイクに変わったうえ、レースの流れも全く違うので覚えるのが大変でしたね。

3年目

たくさんの映像を見て
納得いく絵を追求

ITV業務課に配属されカメラマンとしての技術を磨く日々。学生時代のときにもカメラは経験していましたが地方競馬と中央競馬では馬のスピードが違ううえ、 ITVでは最終的にはファンの方々に楽しんでいただける映像を撮影しないといけません。何をどのように撮ったらよいのか、試行錯誤を繰り返しました。 とにかくたくさんの映像を見て、納得いく映像を追求したことが印象に残っています。

5年目

自分で考え行動できるよう
後輩を支える

直属の後輩ができ、先輩としてカメラ撮影をはじめ、そのほかの業務も教えています。当社では言われたことに対応するだけではなく、 一人ひとりが自分で考えて行動することが重要だと思っています。そのために、どうしてどの業務をするのか、ひとつひとつの意味を考えてもらうよう指導しています。 また、自分の意見を言いやすいような聞き方や雰囲気作りも心掛けています。

今後挑戦したいことや目標は?

映像の世界に終わりはなく、100%満足する映像はなかなか撮れません。ディテールを追求しながら、品質を高めていくこの仕事は、 大学院時代の研究で培った分析力が生かされていると感じます。今後は、4K8K放送の導入や中継車の更新を見据えて、技術開発の仕事にも挑戦してみたいと思います。
case03
case03

1年目

ワークライフバランスのとれた
環境が魅力

入社の決め手は、休みが安定的に取れるという勤務環境です。映像プロダクションも候補にありましたが、 休みが不規則だという話を聞くことが多く、比較して当社の安定した環境が魅力でした。1年目はナイター競馬のカメラ撮影を担当。 競馬に関する知識はなかったので、いきなり「ラチ行ってきて!」などと言われ戸惑うこともありましたが、先輩が丁寧に専門用語を教えてくれたので助かりました。

3年目

経験を積んで仕事の先が読めるように

大型映像業務課に配属となり、大型ビジョンの送出オペレーションを任されました。 ITVや中継車から送られてくる数々の映像がたくさんのモニターに映し出され、それらを瞬時に選択しながら大型ビジョンに送っていきます。 当初は、映像の切り替えを間違って送出してしまい、冷や汗を流したこともありました。しかし、レースの流れが分かってくると自然とミスも減ってきました。

8年目

10万人もの人々の感動を演出

ファンが見たい映像を生み出すためには、当然ながらファン心理が分からないといけません。 入社当初は競馬には興味がありませんでしたが、仕事にのめり込むにつれて詳しくなり、競馬に愛着を持つようになりました。 ファンの気持ちを理解するために、プライベートで競馬場へ行くこともあります。この仕事の醍醐味は、私たちの映像で10万人もの観客が湧く瞬間です。そのライブ感は何度体験しても感動します。

今後挑戦したいことや目標は?

競馬にはスポーツの側面があり、この仕事はスポーツイベントを演出しているイメージに近いと感じます。 これからも、多くの観戦者が喜んでくれる映像を世に送り出していきたいですね。また会社のアットホームな雰囲気も残していきたいと思っています。 先輩も後輩も一緒になって旅行に出かけたりご飯を食べたり。古き良き時代のような居心地の良さがあります。